ファッション

「グッチ」が伝説的テーラーとタッグを組みハーレムにショップをオープン

 「グッチ(GUCCI)」とニューヨーク・ハーレムの伝説的テーラー「ダッパー・ダン(DAPPER DAN)」は、ハーレムに新しくオーダーメードのためのアトリエ兼ショップをオープンする。同店は、1992年にクローズしたオリジナルのダッパー・ダン・ブティックにオマージュを捧げ、その魅力をコンテンポラリーに再解釈し新しい世代に発信する。1月から予約制でスタートする。

 ダッパー・ダン・ブティックの閉店から25年の時を経てオープンする新しいアトリエでは、「ダッパー・ダン」のデザイナーであるダニエル・デイ(Daniel Day)が「グッチ」のファブリックやプリント、刺しゅうやアップリケなどを用い、メンズウエアをオーダーメードで仕立てる。アトリエは、オリジナルのテーラーがあった場所にほど近いハーレムのレノックス通りに位置する。

 「ダッパー・ダン」は1980年代、セレブリティー、アスリート、ヒップホップアーティストのためのオーダーメードアイテムで有名になった。ダニエル・デイは「誰もが『ダッパー・ダン』を懐かしんでくれたけど、出資してくれはしなかった。アレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)=『グッチ』クリエイティブ・ディレクターがハーレムに来てくれて、『ダッパー・ダン』とタッグを組んだことは、ハーレムのカルチャーシーンにとってとても意義のあることだと思う」と語っている。

 アトリエの建物は、独特のネオルネサンス様式で1887年に建てられたもの。1899年から20世紀を通して私立の女子校、ワーキングウーマンの共同住宅、医師のオフィス、ショップとなり、最後は住宅として使用され、2014年に大規模な修復とリノベーションが終了している。「ダッパー・ダン」のオーダーメードアイテムはここだけで販売し、アトリエで仕立てられたアイテムは証明書とともにゲストに渡される。

 このハーレムのアトリエに加え、「グッチ」18-19年秋冬コレクションでは「ダッパー・ダン」とのコラボレーションによるカプセル・コレクションが登場し、世界中の「グッチ」店舗で販売する予定だ。またダニエル・デイは、「グッチ」17年秋冬シーズンのメンズのテーラリングキャンペーンモデルにも起用されている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。