ファッション

「グッチ」アプリでインスピレーションを巡る旅に新たな場所が追加

 「グッチ(GUCCI)」にインスピレーションを与えてきた世界中の場所への旅や探索を案内するプロジェクト「グッチ プレイス(GUCCI PLACES)」に新たな場所が加わった。

 追加された「グッチ プレイス」は、伊ローマのアンジェリカ図書館(BIBLIOTECA ANGELICA)、伊モンテスペルトリのカステッロ・ソンニーノ(CASTELLO SONNINO)、英国ロンドンのメゾン・アスリーヌ(MAISON ASSOULINE)、米国・ロサンゼルスのロサンゼルス・カウンティ・ミュージアム・オブ・アート(LACMA)、香港のビーボ(BIBO)、東京・中目黒のワルツ(WALTZ)の6カ所。ワルツは、カセットテープやレコード、VHS、ラジカセ、国内外の雑誌のバックナンバーや書籍を販売するショップだ。

 「グッチ プレイス」は、ブランドの世界観や価値観と通じ合う場所を世界中から選び、世界の人々がそれぞれの場所にまつわるストーリーや知られざる逸話、特色を発見していくことを通じてコミュニティーの一員となり、インスピレーションに満ちた世界とつながることができるというプロジェクト。「グッチ」公式アプリをダウンロードすることにより、ユーザーは「グッチ プレイス」の世界に参加することができる。アプリはモバイル端末のGPS機能を利用し、「グッチ プレイス」に登録された場所に近づくと、そこを訪れるよう呼びかけるプッシュ通知が送信される。また到着後にアプリでチェックインすると、その場所の特製バッジを受け取ることができる。またユーザーは、「グッチ」が勧める場所を旅しながらバッジをコレクションしたり、SNSで共有したりすることができる。

 アプリでは、テキストや写真、動画によって、それぞれの「グッチ プレイス」の詳しい情報をチェックすることも可能だ。アプリ内のインフォメーションから、その場所の管理者と直接メールや電話で連絡をとったり、ウェブサイトにジャンプしたりすることもできる。アプリには開催中のイベント専用のコーナーもあり、イベントのプログラムを見ることもできる。

 さらに、「グッチ プレイス」プロジェクトの一環として、グッチ クーリエ(GUCCI COURRIER)コレクションからスペシャルな限定アイテムが登場する。それぞれの「グッチ プレイス」にインスピレーションを得たスペシャルなパッチがあしらわれた限定アイテムを、現地(販売可能な「グッチ プレイス」の場合)および最寄りのグッチ ショップで販売する。

 今年7月、第1弾としてプロジェクトのオープニングを飾った英国ダービシャー州のチャッツワース・ハウス(CHATSWORTH HOUSE)は、2017年クルーズ・コレクションの広告ビジュアル撮影の舞台になり、「グッチ」がスポンサーとなって、英国貴族たちの壮麗なファッションを甦らせた「ハウス スタイル(HOUSE STYLE)」展を開催した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。