ファッション

“アップル ビジョン プロ”のファッションにおける可能性 60万円のデバイスが導く空間コンピューティング

有料会員限定記事

約60万円のゴーグル型デバイスはファッション体験も変えるか?“アップル ビジョン プロ”の可能性

Appleは6月28日、同社初の3Dカメラ搭載デバイス“アップル ビジョン プロ(Apple Vision Pro)”を発売した。価格は59万8000円〜。デジタルコンテンツと現実空間のシームレスな融合を謳うデバイスは、イマーシブなデジタル体験を提供する一般的なVRゴーグルとは異なっている。一足早くデモを体験して考えた可能性と、識者の見解をまとめた。(この記事は「WWDJAPAN」2024年7月8日号からの抜粋です)

形状から考えると、“アップル ビジョン プロ”はAppleによるVRゴーグルと思われるかもしれない。もちろんVRゴーグルとしても使用でき、その体験さえ他社製品を上回る。しかし“アップル ビジョン プロ”が目指す役割は、こうしたデジタルコンテンツと現実世界をシームレスに繋ぎ、「空間コンピューティング」という概念を具現化させることだ。

空間コンピューティングは、ファッションやビューティ業界なら理解・応用しやすいだろう。例えばデモでは、原寸大のレーシングカーを現実空間に設置。その大きさを変えたり、反転させたり、タイヤやエアロパーツを着脱したりを体感した。“アップル ビジョン プロ”とアプリを介せば、複数人が同時に、別々の場所で、現実空間に“設置”したデジタルなレーシングカーのデザインや機能を確認し合えるという。デバイスの中ではなく、(3Dカメラ越しではあるものの)現実空間で大きさや形状などを確認できるのは面白い。数年前のことだが、今は亡きヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)によるグループチャットを見たことがある。チャットに画像を投稿することで洋服のデザインを話し合い、改善しては画像共有を繰り返すクリエイションだった。“アップル ビジョン プロ”はその利便性と精度を高めてくれるだろう。

この続きを読むには…
残り2142⽂字, 画像6枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有終の美もドリスらしく 2025年春夏メンズ速報

「WWDJAPAN」7月8日号は、2025年春夏メンズ・コレクション速報です。表紙と巻頭では、今シーズン最も話題を集めた、ドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)によるラストショーを紹介します。「ドリス ヴァン ノッテン」として初めてランウエイショーを開催してから、通算129回目を迎える引退ショーを通じて、ドリスは何を伝えたかったのでしょうか。答えは、とても潔くシンプルでした。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。