ファッション

手軽に“カウボーイ・コア” 「ルイ・ヴィトン」のシルク100%バンダナ

手軽に“カウボーイ・コア” 「ルイ・ヴィトン」のシルク100%バンダナ

テンガロンハットやウエスタンブーツ、フレアジーンズに大きめバックルのベルト、少し派生してループタイやティアドロップサングラスなど、トレンドの“カウボーイ・コア”を構成するアイテムは数あれど、いずれもクセが強いことも事実……。

そんなときにオススメなのが、「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」のシルク100%バンダナだ。ファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)「ルイ・ヴィトン」メンズ・クリエイティブ・ディレクターこそが“カウボーイ・コア”をぐいぐいとけん引する存在であり、“由緒”は正し過ぎる。

首に巻いてよし、キャップやハットと組み合わせてよしのバンダナだが、シルク100%なら上品さを醸すことが可能だ。「ルイ・ヴィトン」の新作は、暴れ馬の代わりに魚に乗るカウボーイを描いたり、クラシカルな図案にジュエリーを絡めたり、会話の糸口にも事欠かない。

もちろん(と言うべきか)「ルイ・ヴィトン」は、同バンダナに合わせるキャップやアクセサリーも用意している。

PHOTOS : LOUIS VUITTON

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有終の美もドリスらしく 2025年春夏メンズ速報

「WWDJAPAN」7月8日号は、2025年春夏メンズ・コレクション速報です。表紙と巻頭では、今シーズン最も話題を集めた、ドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)によるラストショーを紹介します。「ドリス ヴァン ノッテン」として初めてランウエイショーを開催してから、通算129回目を迎える引退ショーを通じて、ドリスは何を伝えたかったのでしょうか。答えは、とても潔くシンプルでした。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。