紙面紹介

有終の美もドリスらしく 2025年春夏メンズ速報

「WWDJAPAN」7月8日号は、2025年春夏メンズ・コレクション速報です。表紙と巻頭では、今シーズン最も話題を集めた、ドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)によるラストショーを紹介します。「ドリス ヴァン ノッテン」として初めてランウエイショーを開催してから、通算129回目を迎える引退ショーを通じて、ドリスは何を伝えたかったのでしょうか。答えは、とても潔くシンプルでした。

ほかにも、デザイナーたちが向き合う2つのことにも焦点を当てました。1つ目は環境です。猛暑を乗り切るために「グッチ(GUCCI)」「エルメス(HERMES)」などは海をコレクションに溶け込ませ、「オーラリー(AURALEE)」「ヨウジヤマモト(YOHJI YAMAMOTO)」などは素材の軽さや薄さを追求しました。2つ目は社会です。「プラダ(PRADA)」「コム デ ギャルソン・オム プリュス(COMME DES GARCONS HOMME PLUS)」などは偏った情報に警笛を鳴らし、「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」「ディオール(DIOR)」は分断する世界へ団結を促します。

また、「サカイ(SACAI)」「アンダーカバー(UNDERCOVER)」「ダブレット(DOUBLET)」など日本人ブランドのコレクション紹介や、イタリア・フィレンツェのメンズ見本市「ピッティ・イマージネ・ウオモ」の現地リポートも掲載します。

爆笑ショーにサプライズで現れたあの人

巻末の「ファッション&ビューティパトロール」では、自由すぎる演出でゲストを楽しませた「メゾン ミハラヤスヒロ(MAISON MIHARA YASUHIRO)」や、そのショーにサプライズ出演したモデル、そして自由すぎる時間軸で多くを激怒させたイェ(Ye)らを振り返ります。自由気ままな“ノンシャラン”たちが、いい意味でも悪い意味でも話題を提供してくれました。

さらに、ビジネスニュースも充実。「シモーン ロシャ(SIMONE ROCHA)」とのコラボレーションも記憶に新しい「クロックス(CROCS)」には、好調な理由や日本市場の戦略などについて聞き、ビューティ賢者は上半期のベストコスメの背景を読み解きます。

(COVER CREDIT)
PHOTO:KO TSUCHIYA
ART DIRECTION & DESIGN:RYO TOMIZUKA
COVER REELS DESIGN:CHIGE(GWISUB JUNG)

DRIES VAN NOTEN x ファッションの記事

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。