ビジネス

伊老舗ハットメーカー、ボルサリーノが倒産のおそれ

 イタリアのハットメーカー、ボルサリーノ(BORSALINO)に倒産のおそれがあるようだ。12月18日、イタリアのアレッサンドリア州地裁がボルサリーノの親会社、ヒエレス エクイタ(HAERES EQUITA)が提出した債権者との和議を求める嘆願書を却下した。

 ヒエレス エクイタは15年12月に投資家のフィリップ・C・カンペリオ(Philippe C. Camperio)らの筆頭株主とともに、アレッサンドリア州地裁にボルサリーノの債務に関する問題解決について仲裁を要請し、16年3月にボルサリーノの買収を完了した。負債も多かったため、企業価値はわずか2000万ユーロ(26億4000万円)と見積もられた。

 マルコ・モチャ(Marco Moccia)=ボルサリーノ最高経営責任者に電話でコンタクトを取ったところ、来週には同社の正式な声明が発表されるという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら