ファッション

「ゴーシャ」が2つの新コラボ発表予定 次回のショーもロシアで

 「ゴーシャ ラブチンスキー(GOSHA RUBCHINSKIY)」は、2018-19年秋冬コレクションも母国ロシアで発表する。今回はロシア第4の都市で、モスクワから飛行機で数時間の都市エカテリンブルクが舞台。ニコライ・アレクサンドロヴィチ・ロマノフ(Nikolai Aleksandrovich Romanov)ことニコライ2世が銃殺された跡地に建立された、黄金の屋根を持つロシア正教会が有名な街だ。来年開催されるサッカーW杯ロシア大会の試合も行われる。

 ショーは18年1月14日に開催。2つの新たなコラボレーションを発表する予定だ。ブランドはすでに「アディダス(ADIDAS)」とのコラボを続け、スニーカーなどを発表している。

 「ゴーシャ ラブチンスキー」がロシアでショーを開くのは3回目。最初はポーランドとリトアニア挟まれた飛び地のカリーニングラード、2回目はロシア帝国の首都だったサンクトペテルブルクで発表した。カリーニングラードのショーではソビエト連邦時代、若者が集っていたカルチャーセンターを舞台にランウエイショーを開催。デザイナーのゴーシャとって、共産主義時代の若者は、常にインスピレーション源になっている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら