ファッション

アディダスの新シューズ開発施設に“靴の匠”が集結

 アディダス ジャパンは、神戸・長田に日本初のシューズ開発施設「アディダス フットウェアラボ(adidas footwear lab)」を10月4日に開業する。2日に東京・六本木の本社で関係者向けの説明会を行った。施設は地下1階から地上2階までの3層で、面積は約906平方メートル。これまで数々の陸上選手やアスリートのシューズを手掛けたシューズクリエイターの大ベテラン大森敏明(72)をディレクターに迎え、約10人のスタッフとアスリート向けのフットウエアのカスタマイズや木型の開発、アッパーデザインの監修、パターン作成の他、国内の直営と卸先店舗スタッフへの専門教育、シューズクリエイターの人材教育を行う。

 アディダスのフットウエア開発施設は、ドイツに次いで世界2番目。高性能の計測器やテスト機器、製靴機器を備え、ランニングを中心に、野球、ラグビー、バスケットボール、サッカー、テニスなど多数のカテゴリーを扱う。一般開放はせず、訪問したアスリートや取引先にサービスを行う。将来的には神戸の施設で蓄積したシューズ開発のノウハウをグローバルで生かしていく。

 アディダス ジャパンのトーマス・サイラー(Thomas Sailer)副社長は「神戸はシューズ開発のエキスパートが集まる場所。ランニングシューズ“アディゼロ”シリーズのように、日本で開発したフットウエアを世界でも展開したい」と話した。説明会には陸上の一山麻緒・選手、サッカーの岩崎悠人・選手、ラグビーの松井千士(ちひと)・選手も登壇した。松井選手は「最先端の技術が集まるラボで自分のシューズが作られるのが楽しみ。2019年のラグビーワールドカップや20年の東京で、ラボで作られたシューズを履いて活躍できるように頑張りたい」と語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら