ファッション

ジュエリーブランド「ウノ・デ・シンクエンタ」が日本撤退

 スペイン発のコスチュームジュエリーブランド「ウノ・デ・シンクエンタ(UNO DE 50)」は、スペイン本国との協議の結果、日本から撤退することが決定した。詳しい理由は明らかになっていない。

 国内では唯一銀座に旗艦店を構えており、ウノ・デ・シンクエンタ銀座本店は10月22日をもって閉店する。

 「ウノ・デ・シンクエンタ」は1996年に設立。“100%手作りスペインブランド”をコンセプトに、全ての工程をマドリードの本社で製作している。現在は、世界40カ国に約120店舗を構える。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら