ファッション

シャネルがSHANELに対して商標権侵害を訴える

 シャネル(CHANEL)は9月27日、米ミシガン州デトロイトの郊外でファッション小売りを営むエー・アンド・エス・シャネル・ファッション(A & S CHANEL FASHION以下、SHANEL)がシャネルの商標権を侵害したとして、「シャネル」商標または類似名称の使用差し止めと損害賠償請求を求め、ミシガン州連邦裁判所に訴えを起こした。

 SHANELからのコメントは得られなかった。

 シャネルは訴訟を避けるため、6月にSHANELに対して警告の書面を送付したが、SHANELはこれを無視。その後送付した書面に対しては法廷外での決着を望む姿勢を見せていたが、話し合いは成立せず、8月にシャネルが訴訟に踏み切った。

 シャネルは1971年から同名称を商標登録しており、関連商標を含めると八つの商標登録を行っている。シャネルは2015年に営業を開始したSHANELが認知度の高いシャネルの商標を知らないはずがなかったと主張。また、「被告は『シャネル』商標を不当に使用することで、『シャネル』商標の持つ認知度や信用性から利益を得ている。また、SHANELの屋号はシャネルと何らかの形で協力関係にあると誤認される恐れがある」と主張する。

 シャネルはこれまでにも同社の商標を侵害する業者に対して訴訟を提起しており、6月には同社のロゴを不正使用したコピー商品販売業者に勝訴した実績を持つ。また、近年は「シャネル」以外のラグジュアリーブランドも商標侵害訴訟を提起しており、自社のブランド保護に積極的だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら