ファッション

「ユニクロ」8月は天候不順で既存店3.4%減、通期の既存店は1.1%増で着地

 ファーストリテイリング傘下の「ユニクロ(UNIQLO)」の8月度国内売上高は、既存店が前年同月比3.4%減、直営店が同3.9%減、ダイレクト販売を含む直営店計でも同3.5%と、3月以来のマイナスとなった。「天候不順の影響で夏物商品の需要が弱かった」と同社。これで、2016年9月からスタートした17年8月期の累計売上高は、既存店が前期比1.1%増、直営店が同0.4%増、ダイレクト販売を含む直営店計が同1.2%増と微増収で終わったことになる。

 「ユニクロ」の近年の既存店売上高は、14年8月期が同1.9%増(客数は同2.4%減、同客単価は4.5%増)、15年8月期が同6.2%増(客数は同2.9%減、同客単価は同9.4%増)、16年8月期が同0.9%増(客数は同4.6%減、同客単価は5.8%増)と推移してきた。当期は同1.1%増(客数は同2.9%増、同客単価は同1.8%減)となり、エブリデー・ロープライス施策や、デジタル施策による店頭誘客の強化などにより、客数が増加に、客単価がマイナスに転じているのがポイントだ。

 店舗数については、17年8月期は出店21店舗、退店27店舗で、期末店舗数は790店舗となった。店舗の大型化やダイレクト販売の強化などもあり、13年8月期末の834店舗以来、毎年微減している。ちなみに、フランチャイズ店は41店舗となり、4年前の19店舗から倍増している。
 
 なお、ファーストリテイリングの17年8月期決算は10月第2週をメドに発表される予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。