ニュース

BLACKPINKが「ディオール ビューティ 銀座」に 愛用するリップカラーは?

 今年8月に日本デビューした韓国ガールズグループ、BLACKPINKが9月1日、ギンザ シックス地下1階にあるディオール ビューティ 銀座(DIOR BEAUTY GINZA)を訪れた。メンバーは、同日に発売した新リップ「ルージュ ディオール リキッド」のタッチアップやフレグランスの香りをデジタルツールで楽しめる「タッチ&フィール」などを楽しんだ。

 日本で活動中のBLACKPINKは、7月20日に日本武道館で行った日本初のショーケースに続き、9月2日開催の「東京ガールズコレクション」や3日の「神戸コレクション」でも、「ルージュ ディオール リキッド」を使用し、パフォーマンスを披露した。「ルージュ ディオール リキッド」は8月中旬に伊勢丹新宿本店で世界先行発売したこともあり、すでにSNSでは若い世代の話題を集め、メンバーと同じカラーリップに刻印を楽しむファンも増えている。

 メンバーの使用色は、「ロック マット」と「ヌード ベルベット」「ポップ サテン」「エレクトリック メタル」の各シリーズからピンクをベースにしたシェード。ジスが「375 スパイシーメタル」、ジェニーが「265フュリー マット」、ロゼが「7888フレネティック サテン」、リサが「272クラッシュ マット」。メタリックなエフェクトのある「375 スパイシーメタル」を使ったジスは、「メタリックの感じがかわいくて好き」とお気に入りの様子だった。

 BLACKPINKは、BIGBANGやPSY、iKON、WINNERなどのアーティストを擁するYGエンタテインメントに所属。昨年韓国でデビューし、今年夏に日本デビューを果たした。ステージでは「ミュウミュウ(MIU MIU)」や「ヴェトモン(VETEMENTS)」、雑誌でも「ディオール」のクチュール・コレクションを着用するなど、彼女たちのスタイルも注目を集めている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら