ビジネス

チェコで毛皮動物の飼育禁止法案が可決 2019年から施行

 チェコ共和国の上院で毛皮動物の飼育を禁止する法案が可決された。ミロシュ・ゼマン(Milos Zeman)大統領の承認後、2019年から施行される。
非営利団体「動物の倫理的扱いを求める人々の会(通称PETA)」のイギリス支部のエリサ・アレン(Elisa Allen)=ディレクターは「毎年2万匹ものミンクやフォックスが虐待や虐殺されていることを考えると、オーストリアやクロアチア、オランダ、スロベニアそしてイギリスにチェコが加わり、その他の国々が毛皮動物の飼育を禁止することを先導する役割を担ったことは大変喜ばしい」と語った。

 「毛皮に反対する国際連盟(通称FFA)」によると、ヨーロッパではデンマークとハンガリーでは部分的に禁止法案が採用され、さらに5カ国では議会で検討中だという。

 PETAによるとドイツでは、毛皮動物の飼育を行う場合の畜舎環境について高い基準を設定する法案が可決されたばかりで、5つのミンク飼育場が閉鎖されることになるという。

[related post="189321" title="「ステラ マッカートニー」が羊"虐待"業者との取引を中止"]

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら