ニュース

持ち物を即現金化、ブラケットの光本勇介CEOが新アプリをローンチ

 インターネットビジネスの企画・開発を行うBANKが6月28日、質屋のような商品買取アプリ「CASH」をローンチした。ユーザーがスマホで商品を撮影・送信するだけで査定金額が出る。写真を送ると数秒で査定結果が出るため、自分が保有するアイテムをいつでも、どこでも現金化できる。

 査定額に満足すれば、即現金受け取りの手続きをするだけで、すぐにコンビニや銀行振込で現金を受け取ることができる。いわゆる質屋と異なる最大の特徴は、現金化した商品をすぐに手放さなくていい点。現金化したアイテムはアプリを通じて2カ月以内に指定場所へ発送すれば良い。期限内に受け取った現金と手数料15%を支払えば、取引をキャンセルすることもできる。

 1ユーザーあたりの取引上限額は2万円。複数の査定がある場合も、2万円を超える場合は先の取引を完了しないと次の現金化ができない仕組みとなっている。まずはスマートフォンなどのガジェットとアパレル商材を中心にサービスをスタートし、今後カテゴリーを広げる予定という。同社としては買い取った商材を二次流通市場に展開することで利益を得る仕組みのため、流通相場やカテゴリー、コンディションなどを参考に値段をつけるという。

 BANKは光本勇介・最高経営責任者(CEO)が2月に立ち上げた新会社。光本社長CEOは2008年、自社EC支援サービスのSTORES.jpを運営するブラケットを創業したが、13年にスタートトゥデイに売却。その後、16年に再度MBO(マネジメント・バイアウト)を実施し、スタートトゥデイが保有する全株式の買い取りを行った経緯がある。BANKは今後、“毎日をお給料日にできる”お財布アプリ「Payday」のローンチを計画しているという。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら