ビジネス

中心部でのテロを受けロンドンメンズは厳戒態勢

 6月3日夜にロンドン中心部で7人が死亡し、48人が負傷したテロを受け、英国ファッション協会(BFC)は、9〜12日に開催予定のロンドンメンズ・ファッションウイークのセキュリティー強化を発表した。BFCのセキュリティーチームとイベントチームを再編し、警察の指導の下、計画をアップデートおよび修正するという。

 BFCの広報担当者は「私たちはイベントのセキュリティーとゲストの安全をこの上ないほど真剣に受け止めている。われわれをサポートしてくれるチームと協力し、組織が安全でより良いものになることを願っている」とコメント。すでにセキュリティー手続きを進めており、世界中からロンドンメンズに参加するゲストやデザイナーと絶えず連絡を取り合っているという。

 なお、ロンドンメンズの会場は、西ロンドンやストランドにあるBFCのショースペースが中心。テロが発生したロンドン橋やバラ・マーケット、バーモンジー地区ではショーやプレゼンテーションは開かれない。

 イギリスのテリーザ・メイ(Theresa May)首相は演説で、「最近の残虐なテロは、イスラム過激主義という一つの邪悪な思想でつながっている」と非難した一方、8日の総選挙については「予定通り実施する」と明言した。イギリスでは5月22日、マンチェスターで開催された米歌手、アリアナ・グランデ(Ariana Grande)のコンサート会場で、22人が死亡する自爆テロ事件が起きたばかりだった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら