ビジネス

「マイケル・コース」が米国で100店以上を閉店

 マイケル・コース ホールディングス(MICHAEL KORS HOLDINGS)は、今後2年間で100~125店のフルプライスショップを閉店する。ジョン・アイドル(John Idol)同社会長兼最高経営責任者は、多大なプロモーション費と減損費用により、1~3月期は赤字だったと語った。

 同社の1~3月期決算は、売上高が前年同期比11.7%減の10億6000万ドル(約1166億円)、純損益は前年同期の1億7700万ドル(約194億円)の黒字から、2680万ドル(約29億4800万円)の赤字に転落した。期末において827店を運営しており、ライセンスも含めた店舗数は世界960店に及ぶ。米国での売上高は同18.0%減の7億2100万ドル(約793億円)だった。

 なお、同社3月期の通期決算は、売上高が前年比4.6 %減の44億9300万ドル(約4938億円)で、純利益は同34.1%減の5億5200万ドル(約607億円)の減収減益だった。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら