ファッション

ケンダル・ジェンナーが正式に「アディダス オリジナルス」の一員に

 「アディダス オリジナルス(ADIDAS ORIGINALS)」は、モデルのケンダル・ジェンナー(Kendall Jenner)を新たなブランドアンバサダーに起用した。ケンダルは自身のインスタグラム上で、「正式にアディダスの一員に加わりました!」と就任を発表。コメントと共に、「アディダス オリジナルス」のロゴと“WELCOME TO THE FAMILY”と書かれた壁画の前で、同ブランドのジャージとスニーカーを身につけ、ゴルフカートを運転する動画を投稿した。

 アディダスの広報担当者は、「ブランドの長年のファンであるケンダルは、彼女なりのやり方で現状に挑戦し、今日の世界を形作る創造的なエネルギーとして、『アディダス オリジナルス』の精神を体現している」とコメント。

 なお、ケンダルの姉のキム・カーダシアン(Kim Kardashian)の夫、カニエ・ウエスト(Kanye West)は、アディダスや「アディダス オリジナルス」とコラボした「イージー(YEEZY)」コレクションが成功。一方、妹のカイリー・ジェンナー(Kylie Jenner)は競合のプーマ(PUMA)と契約を結んでいる。

 21歳のケンダルは、ここ数カ月で携わったキャンペーンでバッシングが相次いでいる。「ペプシ(PEPSI)」のCMでは、ケンダルがデモに参加し、警官にペプシを手渡すという演出に抗議が殺到。また、インド版「ヴォーグ(VOGUE)」の10周年記念号の表紙にインド人モデルではなく、アメリカ人のケンダルが抜てきされ、インド国内では波紋を呼んでいる。度重なる非難を受け、ケンダルはイメージチェンジの真っ只中だ。カンヌ国際映画祭では、セレブリティースタイリストのマルニ・セノフォン(Marni Senofonte)をつけ、「ジャンバティスタ ヴァリ(GIAMBATTISTA VALLI)」や「アレクサンドル・ヴォチエ(ALEXANDRE VAUTHIER)」の衣装で会場に現れた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。