ファッション

ハッシュタグを付けて投稿 シャネルがショーに5人を招待

 「シャネル(CHANEL)」は、31日に東京・綱町三井倶楽部で開催予定の2016-17年メティエダール・コレクション パリ コスモポライトのショーのため、10日に専用マイクロサイトを立ち上げる。同ショーは昨年12月、リッツ パリで発表されたもの。マイクロサイトはCHANEL.com内に開設され、同ショーのルックやメイキング写真など、あらゆるコンテンツを閲覧することができる。

 これに合わせ、「サヴォアフェール プログラム」を実施。仏語のサヴォアフェールは、シャネルにおいては“歴史とクラフツマンシップに裏打ちされたノウハウ”のことを意味する。

 シャネルは長年に渡り、刺繍のルサージュやモンテックス、羽根細工とカメリアのルマリエ、靴のマサロ、帽子のメゾン ミッシェル、プリーツのロニオンといった傘下のアトリエのクラフツマンシップの保護と発展に寄与してきた。メティエダール・コレクションは、これらのアトリエの技術を駆使した、最もオートクチュールに近いプレタポルテ・コレクションで、年に1回発表している。

 ユーザーは10日から写真、ビデオ、スケッチ、ポエムなど自由な表現方法で、自身の“サヴォアフェール”をハッシュタグ(#CHANELSavoirFaireInitiative #シャネルサヴォアフェール)とともに投稿。投稿された作品の中から、5人の「ベストサヴォアフェール」が選出され、31日のショーの招待を受ける。投稿締め切りは5月21日。

 作品は12日夜、マイクロサイト内に開設される「サヴォアフェール プログラム」専用のスペシャルギャラリーで随時掲載される予定だ。

 

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら