ファッション

アバハウスがフレンチスタイルを打ち出し メンズ旗艦店をリニューアル

 アバハウスインターナショナルは4月28日、メンズ旗艦店の「アバハウス ラストワード原宿店」を、「アバハウス ハラジュク(ABAHOUSE HARAJUKU)」としてリニューアルオープンした。「フレンチスタイル フォー ユー(FRENCH STYLE FOR YOU)」を新コンセプトに、パリからの買い付けアイテムを拡充し、新たにポップアップスペースやコーヒースタンドを併設している。

 商品構成は、これまでオリジナルと買い付けの比率が8:2だったのに対し、6:4へとセレクトアイテムを広げている。フランス発の「デボン ファ クチュール(DE BONNE FACTURE)」「コルテッセ(COLTESSE)」「ムッシュ ラスネール(MONSIEUR LACENAIRE)」「ル モンサンミッシェル(LE MONT SAINT MICHEL)」などのウエアや雑貨をそろえる。リニューアルを記念して、仏シューズブランドの「ペアーズ イン パリス(PAIRS IN PARIS)」との別注シューズ(2万4000円)を販売している。

 ポップアップスペースでは、2週間~1カ月ごとに入れ替わるイベントを企画していく。初回にはパリを拠点に活動するオランダ人タイポグラフィ・アーティストのカイザー(Ceizer)を迎え、グラフィティ入りのTシャツや書籍などを販売している。28日のオープン初日にはカイザー本人が来店し、「Enchante(はじめまして)」をテーマにしたライブペイントを行った。同作品は5月7日まで店頭に飾られている。

■アバハウス ハラジュク
時間:11:00〜20:00
住所:東京都渋谷区神宮前6-25-16 1F

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。