ビジネス

「ユニクロ」2月度の売上高は5%プラス 佐々木希の起用効果も

 ファーストリテイリングの国内ユニクロ事業の2月度は、既存店の売上高が前年同月比5.2%増でプラスだった。プラスに転じたのは、昨年11月度以来3カ月ぶり。全店ベースの売上高は同4.7%増だった。これにより、上期(2016年9月〜17年2月)は既存店売上高が同0.1%増、直営店売上高は同0.4%増と、かろうじてプラスで着地した。

 2月度は、春物商品の立ち上がりが好調だったことに加え、佐々木希を起用して初めてキャンペーンを行ったワイヤレスブラや2シーズン目となる「ユニクロ ユー(UNIQLO U)」2017年春夏コレクションが好調だったことから増収となった。客数は同0.2%増、客単価は同1.2%増だった。退店は1店で、月末店舗数は計791店。

【関連記事】
■「ユニクロ」12月度売上高は5%マイナス 月末の気温上昇が響く
■ユニクロ11月度は既存店売上高7.3%増 寒波で防寒衣料動く
■ユニクロがブラのCMに佐々木希を起用

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら