ファッション

17年ウールマーク賞に「ガブリエラ ハースト」と「コットワイラー」

 2017年度インターナショナル・ウールマーク・プライズ(INTERNATIONAL WOOLMARK PRIZE)が1月23日、パリのパレ・ド・トーキョーで発表された。ウィメンズはニューヨークを拠点にする「ガブリエラ ハースト(GABRIELA HEARST)」、メンズはロンドンをベースにベン・コトレル(Ben Cottrell)とマシュー・デインティー(Matthew Dainty)が手掛ける「コットワイラー(COTTWEILER)」が受賞。それぞれ賞金10万オーストラリアドル(約855万円)を獲得した他、ビジネス関連の指導とカプセルコレクションを世界の小売店10店舗で販売する権利を得る。

 コトレルは「まだニッチなブランドだが、この賞を得たことでより幅広い顧客にリーチできることを願う。一気に拡大しすぎずに、もう少し販路を広げたい」と語った。「コットワイラー」の作品についてシェイン・オリバー(Shayne Oliver)「フッド・バイ・エアー(HOOD BY AIR)」クリエイディブ・ディレクターは「『コットワイラー』はとてもモダンで、タイムリーなコレクションという点で際立っていた。他ブランドとのコラボも成功している彼らがこの賞を得て、今後どのように発展していくのかが楽しみだ」とコメント。一方、ハーストは賞金は生産効率を上げ、よりサステイナブルな生産体制を構築するために投資するという。スチュアート・マカラック(Stuart McCullough)=ザ・ウールマーク・カンパニー(THE WOOLMARK COMPANY)のマネジング・ディレクターは「ガブリエラのコレクションは美しいだけでなく、構造が革新的だった。さらに、とてもコマーシャルでもあり、バランスが取れていた」と話した。

 ウィメンズウエア部門の審査員にはブシュラ・ジャラール(Bouchra Jarrar)「ランバン(LANVIN)」アーティスティック・ディレクターやヴィクトリア・ベッカム(Victoria Beckham)、メンズウエア部門はオリバー=クリエイティブ・ディレクターやオリヴィエ・ララン(Olivier Lalane)仏「ヴォーグ オム(VOGUE HOMME)」編集長らが務めた。

【関連記事】
■ウールマーク・プライズ優勝ブランド「ティータム ジョーンズ」のデザイナー2人が初来日
■2016年インターナショナル・ウールマーク・プライズのアジア大会が香港で開催
■2015-16年のウールマーク・プライズは英「ティータム・ジョーンズ」に栄冠
■「コットワイラー」2017-18年秋冬ロンドン・メンズ・コレクション

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。