ファッション

17年ウールマーク賞に「ガブリエラ ハースト」と「コットワイラー」

 2017年度インターナショナル・ウールマーク・プライズ(INTERNATIONAL WOOLMARK PRIZE)が1月23日、パリのパレ・ド・トーキョーで発表された。ウィメンズはニューヨークを拠点にする「ガブリエラ ハースト(GABRIELA HEARST)」、メンズはロンドンをベースにベン・コトレル(Ben Cottrell)とマシュー・デインティー(Matthew Dainty)が手掛ける「コットワイラー(COTTWEILER)」が受賞。それぞれ賞金10万オーストラリアドル(約855万円)を獲得した他、ビジネス関連の指導とカプセルコレクションを世界の小売店10店舗で販売する権利を得る。

 コトレルは「まだニッチなブランドだが、この賞を得たことでより幅広い顧客にリーチできることを願う。一気に拡大しすぎずに、もう少し販路を広げたい」と語った。「コットワイラー」の作品についてシェイン・オリバー(Shayne Oliver)「フッド・バイ・エアー(HOOD BY AIR)」クリエイディブ・ディレクターは「『コットワイラー』はとてもモダンで、タイムリーなコレクションという点で際立っていた。他ブランドとのコラボも成功している彼らがこの賞を得て、今後どのように発展していくのかが楽しみだ」とコメント。一方、ハーストは賞金は生産効率を上げ、よりサステイナブルな生産体制を構築するために投資するという。スチュアート・マカラック(Stuart McCullough)=ザ・ウールマーク・カンパニー(THE WOOLMARK COMPANY)のマネジング・ディレクターは「ガブリエラのコレクションは美しいだけでなく、構造が革新的だった。さらに、とてもコマーシャルでもあり、バランスが取れていた」と話した。

 ウィメンズウエア部門の審査員にはブシュラ・ジャラール(Bouchra Jarrar)「ランバン(LANVIN)」アーティスティック・ディレクターやヴィクトリア・ベッカム(Victoria Beckham)、メンズウエア部門はオリバー=クリエイティブ・ディレクターやオリヴィエ・ララン(Olivier Lalane)仏「ヴォーグ オム(VOGUE HOMME)」編集長らが務めた。

【関連記事】
■ウールマーク・プライズ優勝ブランド「ティータム ジョーンズ」のデザイナー2人が初来日
■2016年インターナショナル・ウールマーク・プライズのアジア大会が香港で開催
■2015-16年のウールマーク・プライズは英「ティータム・ジョーンズ」に栄冠
■「コットワイラー」2017-18年秋冬ロンドン・メンズ・コレクション

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら