ニュース

ゴールドウインが「ヘリーハンセン」の国内商標権を取得

 ゴールドウインは、ノルウェー発のマリン&アウトドアブランド「ヘリーハンセン(HELLY HANSEN)」の日本における商標権を取得した。契約は2016年12月に行い、買収額は30億円。同社は1983年にノルウェーのヘリーハンセン ASとライセンス契約を結び、33年間にわたって商品開発や販売を手掛けてきた。商標権取得によって商品開発や出店の制約が無くなり、ファッションブランドとのコラボレーションも可能になる。直営店は現在7店舗で、今後は1年に1店舗のペースを目処に出店を計画する。国内では日本企画の商品が約95%を占めており、さらにライフスタイル向けのマリン・アウトドア商品の開発を強化する。

 西田明男・社長は「商標権取得により、安定的な事業基盤の確立と、中長期的な戦略投資が可能となり、アウトドアスタイル事業の中核ブランドとして、今後の更なる成長の促進していきたい」とコメントする。「ヘリーハンセン」や「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」などを有する同社のアウトドアスタイル事業の売上高は16年3月期が341億円で、17年3月期は368億円を見込んでいる。

 ゴールドウインは「ザ・ノース・フェイス」、「カンタベリー(CANTERBURY)」、「エレッセ(ELLESSE)」、「ダンスキン(DANSKIN)」の国内商標権を取得しており、今回の買収で5ブランド目となる。

【関連記事】
■資生堂が米国ベンチャー企業を買収
■「ハッピーソックス」を英投資会社が92億円で買収

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら