ファッション

「ルイ・ヴィトン」×「シュプリーム」、7月発売

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は、ニューヨーク発のスケートウエアブランド「シュプリーム(SUPREME)」とコラボしたコレクションをパリ・メンズ・ファッション・ウイーク期間中の1月19日、2017-18年秋冬コレクションのショーで発表する。コレクションは7月17日、「ルイ・ヴィトン」ブティックの一部で発売する。ポップアップショップを開く可能性もある。

 コラボコレクションはニューヨークから着想。デニムやジャケットの他、バックパックやメッセンジャーバッグ、ウエストポーチなど6種のバッグをそろえる。バッグはレッドやブラックのエピレザー、「シュプリーム」のロゴと「ルイ・ヴィトン」のモノグラムを織り込んだカモフラージュの生地で展開する。「シュプリーム」のロゴカラーの赤と白のモノグラムを施したスケートボードと特製トランク、ツールキットもラインアップする。

 キム・ジョーンズ(Kim Jones)「ルイ・ヴィトン」メンズ・アーティスティック・ディレクターは1990年代、ニューヨークで誕生したころから「シュプリーム」を知っていたという。「私が大学生だったとき、ロンドンで『シュプリーム』の商品の箱開け作業をしていた。こんなにもグローバルなブランドに発展した今、ニューヨークのメンズウエアは『シュプリーム』なしでは語れない。彼らのグラフィックの強みとわれわれのグラフィックは完璧にマッチする」。また、同コラボは、マイケル・バーク(Michael Burke)=ルイ・ヴィトン会長兼最高経営責任者が思い付いたという。

【関連記事】
「シュプリーム」コラボお披露目! 「ルイ・ヴィトン」2017-18年秋冬パリ・メンズ・コレクション
「ルイ・ヴィトン」×「シュプリーム」が発売か?
「サカイ」×「ザ・ノース・フェイス」が9月に発売

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら