ファッション

「ボッテガ」、来年もウィメンズとメンズの合同ショーに

 「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」は、今年9月にミラノで行ったショーに続き、来年もウィメンズとメンズの合同ショーを行うと発表した。今年9月の2017年春夏シーズンのショーは、ブランド設立50周年とトーマス・マイヤーのクリエイティブ・ディレクター就任15周年を記念したもので、来年も同様に2月と9月のウィメンズのファッション・ウイーク期間中の開催を予定する。

 同ブランドは、「ウィメンズとメンズの両方で成り立つ『ボッテガ・ヴェネタ』の世界で合同で発表することは、トーマスのクリエイティブに対するビジョンからすると極めて自然な進化。洗練され、職人技を駆使したコレクションを制作するため、発表のタイミングやプロダクションのスケジュールを考慮し、『ボッテガ・ヴェネタ』の夢のある世界観を作っていく」とコメントしている。

【関連記事】
「ボッテガ・ヴェネタ」2017年春夏コレクション

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら