ファッション

ビームスが制作 東京ファッションの40年を振り返る動画に反響

 ビームス(BEAMS)が10月21日にYouTube上で公開した「TOKYO CULTURE STORY 今夜はブギー・バック(smooth rap)」が公開後約12時間で再生回数2万5000回を超え、話題を集めている。同作品は同社の創業40周年を記念して始動した「TOKYO CULTURE STORY」の第1弾。“ヘビーデューティー”や“カラス族”“オリーブ少女”“アムラー”“森ガール”“ノームコア”といった40年間の東京のファッションを、当時のアーカイブ350点を掘り起こして再現したミュージックビデオを制作した。音楽は、1990年代に人気を集めた小沢健二とスチャダラパーの「今夜はブギー・バック」をピチカート・ファイヴの野宮真貴や森高千里、ギターウルフ、初音ミクら17アーティストがメドレー形式にカバーしたもの。東京の若者文化とともに歩んできたビームスならではの、ユーモアあふれる仕上がりになっている。

 なお、ミュージックビデオのメーンキャストには俳優の池松壮亮、女優・モデルの小松菜奈を起用し、総勢82人が登場する。スタイリングは伏見京子、井嶋一雄、木俣歩、二村毅、管沼詩乃、高橋ラムダ、遠藤彩香ら各年代を代表するスタイリストが手掛けた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら