ビジネス

バロックジャパンが東証上場へ 

 バロックジャパンリミテッドは28日、東京証券取引所への新規上場が承認されたと発表した。上場日は11月1日の予定。同社は上場に際し「『バロック発のファッションブランドを日本発の代表的ファッションブランドとして世界へ飛躍させる』という壮大な目標に向けて今後も挑戦を続けたい」とコメントした。

 同社は2000年に創業。「マウジー」「スライ」などの人気ブランドによってガールズ市場をけん引し、その後「アズール バイ マウジー」「エンフォルド」なども成功させてきた。13年には中国大手の婦人靴チェーンである百麗国際(ベル・インターナショナル)が筆頭株主になり、新体制でグローバル戦略に舵を切った。16年1月期の連結売上高は687億円。国内に345店舗(8月末時点)、中国と香港に170店舗(7月末時点)を運営する。今月9日に「エンフォルド」、10日に「マウジー」がそれぞれ米国のニューヨークに初出店を果たした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら