ファッション

LVMHがダナ キャラン インターナショナルを売却 買い手は米大手アパレルメーカー

 LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(以下、LVMH)は、「DKNY」の親会社ダナ キャラン インターナショナルをG-III(ジー・スリー)アパレル・グループに売却した。売却額は6億5000万ドル(約689億円)。契約は年末から2017年初めに完了する予定だ。

 LVMHは01年にダナ キャラン インターナショナルを6億4300万ドル(約681億5800万円)で取得した。業績の振るわない年が続き、15年には創業者でチーフ・デザイナーのダナ・キャランが去り、「ダナ キャラン ニューヨーク」のコレクション発表を休止した。「DKNY」では昨年4月から、「パブリック スクール」のダオ=イー・チャオとマックスウェル・オスボーンがクリエイティブ・ディレクターを務めている。

 G-IIIアパレル・グループは主に、ライセンス契約を結ぶ「カルバン・クライン」や「トミー ヒルフィガー」「カール ラガーフェルド」「コール ハーン」などのブランドに加え、自社および傘下ブランドの商品の製造・流通を手掛けている。

山河清礼奈

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら