ファッション

「DKNY」のCEOとデザイナー退任

 LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトンがアメリカのアパレル大手G-IIIに売却したダナ キャラン インターナショナル(以下、ダナ キャラン)のキャロライン・ブラウン最高経営責任者(CEO)が年内に同社去ることが明らかになった。G-III傘下で再生を図るダナ キャランからは、「DKNY」のデザインを手がけていたダオ・イー・チョウとマックスウェル・オズボーンの2人も年内にクリエイティブ・ディレクターの職を辞し、2人のブランド「パブリック スクール」に専念する。

 ブラウンCEOは、「新体制になるタイミング。現職を辞し、私も新たな可能性を模索するべき時が来た」とコメント。ダオとマックスウェルの2人は、「素晴らしい経験だった。新会社の将来に期待したい」としている。

 ダナ キャランは、LVMHがG-IIIに6億5000万ドル(約740億円)で売却。取引は年内に完了する予定だ。G-Ⅲのモリス・ゴールドファーブ会長兼CEOは、ダナ キャランが手がける「ダナ キャラン インターナショナル」を卸を含むトップラインに、「DKNY」を今よりも価格帯を若干下げた百貨店向けのラインに変更する予定と言われているが、現在もポジショニングを慎重に検討しているようだ。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら