ファッション

エビアンデザイナーズボトル第9弾は「アレキサンダー ワン」

 エビアン(EVIAN)がデザイナーとコラボする"エビアンデザイナーズボトル"の第9弾は「アレキサンダー ワン(ALEXANDER WANG)」だ。ボトルには過去のコレクションにも使用したことのあるバーコードのデザインがあしらわれ、白と黒の2色がそろう。ガラスとペットボトルの2種類があり、それぞれ330mlと500mlがラインアップする。「アレキサンダー ワン」の2016年春夏コレクションでローンチし、その後一部のホテルや専門店、レストランで取り扱う。

 ローラン・オウエル「エビアン」グローバル ブランド ディレクターは「ミネラルウオーターは日常品だが、アイコニックなガラスボトルはプレミアムだ。このコントラストがアレキサンダーの世界観と近い。アレキサンダーも手に取れるものでありながら、デザイン性の高い服を作る」と語った。一方、アレキサンダー・ワンは「私たちは服や靴のみで生きているわけではない。食べて、飲んで、レストランに行く。ブランドをライフスタイル分野に拡大させ、エビアンとコラボしたことはとても良い刺激になった」とコメントした。

【関連記事】
「エビアン」×「ケンゾー」 デザイナーズボトルを限定発売
エビアン×DVF、デザイナーズボトルを発売

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら