ファッション

「アレキサンダーワン」がNYの旗艦店で2025年プレ・スプリング・コレクションを発表 怪しげなアジトで見せた挑発的なレザールック

アレキサンダーワン(ALEXANDERWANG)」はこのほど、2025年プレ・スプリング・コレクションをリニューアルしたばかりのニューヨーク・ソーホー地区の旗艦店で発表した。会場には女優のキム・キャトラル(KIM CATTRALL)やラッパーのアイス・スパイス(ICE SPICE)、ローラらセレブが駆けつた。

インビテーションには「THE GARAGE」の文字。会場壁面には事故で車が店舗に突っ込んだかのように車体の後部が道に突き出ている。解体されたホイールやタイヤなど、車の部品が山積みになり、ヘッドライトやテールランプを集めて作ったシャンデリアが会場内を照らす。床には札束が散乱。ゲスト用の椅子は、詰め物でパンパンにした黒いゴミ袋がクッション代わりに。まるで怪しげなアジトのような雰囲気だ。

コレクションは、フルジップのハイレグボディースーツやベルトを巻きつけたようなタイトなブラなど、ブラックのレザーを主役にしたルックが目立つ。ハイレグショーツやマイクロミニのスカートに合わせたレザーの超ニーハイブーツが存在感を放つ。メンズも同様にレザーを中心にしながらファーを使ったアイテムを差し込むことでシックなスタイルに変化をつけた。挑発的な表情で歩くモデルたちは手に持ったグラスを粉砕したり、札束をバッグの中に詰め込んだり、ガラステーブルを破壊するなど、ブランドらしいエッジを演出した。

新アイコンの“リッコ”バッグも登場

オールレザーのルックに合わせたびたび登場したのは、2010年にヒットした“ロッコ(THE ROCCO)”バッグを、ラップスタッズをあしらい現代的にアレンジした“リッコ(THE RICCO)”バッグ。4月下旬に先行発売した際にはわずか3時間半で世界完売となるなど、新たなアイコンバッグとして支持を集める。“リッコ”バッグに加え、エッジィなスタッズをスパイスに効かせたショルダーバッグやトートバッグ、シューズやベルトなどのアクセサリーも豊富。モデルとして登場したNBAの伝説的プレーヤーデニス・ロッドマン(Dennis Rodman)の頭も無数のスタッズで飾った。

ワンの得意とするデニムは腰履きのジーンズや、クラッシュした風合いのスカート、オーバーサイズのシャツにアレンジした。スポーティーなフーディーやラウンジウエアのようなセットアップは異なる素材を用いることで表情に変化をつけているが、一つ一つのアイテムはすぐに着たくなるようなウェアラブルなものが多い。後半に登場した無数のテープを巻きつけたようなボンデージドレスもワンらしい。タイトなレザー、デニム、スポーティーな要素にランジェリーのディテールなど、ワンが今までブランドのアイコンとして積み上げてきたルーツをたどりながらもアップデートを見せた。

同ブランドは来年設立20周年を迎える。アニバーサリーイヤーに向け、アイコンバッグのローンチやソーホー旗艦店のリニューアル、ニューヨークでのコレクション発表など、マーケティングを一層強化している。今回のコレクションは未来へ向けてアクセルを踏み込んだ印象だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。