ファッション

沖縄 「コロナ サンセット ミュージック フェスティバル」1日目 シンプルなリゾート・コーデが特徴

 モルソン・クアーズ・ジャパンは9月12日、野外フェス「コロナ サンセット ミュージック フェスティバル(CORONA SUNSETS MUSIC FESTIVAL)」を日本で初めて沖縄・美らSUNビーチで開催した。晴天に恵まれた1日目の会場には、日が沈む時間帯をピークに多くの人が訪れた。

 会場は、フェスに合わせて7月にオープンしたコロナ サンセット ビーチ 沖縄(CORONA SUNSETS BEACH OKINAWA)。 "サンセット"がちょうど真ん中に見えるよう設計したという2つのステージでSAIRUや平井大、GORILLAZら9組がライブを披露。10時間にわたる1日目のステージを終えた。

 フェス会場では、海沿いの広大な砂浜を使い、コロナやロティサリーチキンなどの販売に加えてバーベキューコーナー、オリジナルTシャツ販売とリメイクスペース、ボディーペイント体験など、音楽以外にも楽しめるコンテンツを幅広く用意。リゾートらしく、ソファーベットやリクライニングシートでのんびり音楽を聞いたり、海を背景に写真を撮るなど、自由に楽しむ来場者が多数見られた。 

 7月のビーチオープン時に比べると暑さは和らいだが、それでも日中はまだ夏を感じる。そんな気候に合うよう、女性はコットンワンピースやデニムショートパンツ、タンクトップなど、シンプルなアイテムを組み合わせたコーディネートが主流。スイムウエアにトップスをはおっただけの女性も多く、サイケデリックな柄や幾何学模様といったフェス・ファッションに比べてリゾートらしいシンプルなスタイルが多いのは同フェスならでは。日焼け対策のキャップやストローハット、サングラスは定番で、パーカやカーディガン片手にフェスを楽しむ来場者もいた。メンズもショートパンツにTシャツ、スニーカーのシンプルスタイルが大半で、赤や黄、緑などの原色使いが目を引いた。

【関連記事】コロナ サンセット ミュージック フェスティバル 特設ページはこちら

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら