ニュース

ステファノ・ピラーティが「エルメネジルド ゼニア」を去る?

業界筋によると、ステファノ・ピラーティ(Stefano Pilati)「エルメネジルド ゼニア(ERMENEGILDO ZEGNA)」ヘッド・デザイナーがエルメネジルド ゼニア グループ(ERMENEGILDO ZEGNA GROUP)を去る可能性が濃厚のようだ。ピラーティは2012年3月に「イヴ・サンローラン(YVES SAINT LAURENT、現「サンローラン」)」のクリエイティブ・ディレクターを退任した後、13年1月に「エルメネジルド ゼニア」のヘッド・デザイナーおよび「アニオナ(AGNONA)」クリエイティブ・ディレクターに就任した。

ファッション性の高いデザイナーズブランドへの再生を狙いにグループに迎え入れられたピラーティは、「エルメネジルド ゼニア クチュール(ERMENEGILDO ZEGNA COUTURE)」や「アニオナ」のクルーズラインも手掛けた。しかし、クチュール的なディテールが「ゼニア」の主要顧客のニーズに合わなかった、という声も上がっている。15年7月に「アニオナ」のクリエイティブ・ディレクターも退任し、ウィメンズウエアの他のプロジェクトを手掛けているとうわさされた。なお、エルメネジルド ゼニア グループはコメントを控えている。

また、アレッサンドロ・サルトリ(Alessandro Sartori)「ベルルッティ(Berluti)」アーティスティック・ディレクターの退任が報道される中、「Z ゼニア(Z Zegna)」のクリエイティブ・ディレクターを8年務めた同氏がピラーティの後任になるとのうわさも浮上している。

【関連記事】
アレッサンドロ・サルトリが「ベルルッティ」を退任

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら