ビューティ

「ラブ・ライナー」がフランスに初出店 パリ老舗百貨店ル・ボン・マルシェに

mshが手掛けるアイメイクブランド「ラブ・ライナー(LOVE LINER)」が、フランス・パリの老舗百貨店ル・ボン・マルシェ(LE BON MARCHE)で取り扱いを開始した。同百貨店内にある日本の美容ブランドを扱うセレクトショップ、ビジョ(BIJO;)で、“リキッドアイライナー R4”(全6色、各29ユーロ、約4756円)を販売する。同ブランドがEUで展開するのは初めて。

「ラブ・ライナー」は2008年にmshがスタートし、国外では香港、台湾、シンガポールなど東南アジアで展開する。数年前から欧米展開の準備を進め、各国でパートナーを探す中で今回の出店に至った。同社の藤田智美社長は、「日本のメイク商品を海外の方々にも広く使ってほしいという思いがあった。日本の化粧品市場で大きく成長することは難しくもあり、弊社が成長するために必要なチャレンジだった」とコメントを寄せた。フランスの顧客とアイライナー商材の親和性については、「ミニマルメイクが多い中、目元を魅了的で印象的にするアイライナーは伸びしろがある。3月のプレスカンファレンスでは、『ラブ・ライナー』の一番の特徴である奈良の職人が手作りしている筆や、環境に配慮したリフィル対応などに共感が得られた。描きやすさや滲みにくさなどの機能面も評価いただいた」と、手応えを見せた。

ビジョは、日本のビューティやライフスタイルを発信するセレクトショップ。フランス語で「Beauté=美」「Innovatrice=革新的」「Japonaise=日本」「Originale=オリジナリティー」の頭文字を取った。ル・ボン・マルシェ内の常設コーナーのほか、パリ・オデオンにフラッグシップストアのビエン(BIEN;)を構え、公式ECサイトも展開する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。