ビジネス

良品計画23年9〜11月期、値上げ効いて収益性改善 営業利益2.7倍

「無印良品」を手掛ける良品計画の2023年9〜11月期は、新店出店による増収効果と国内の値上げによって、大幅な増収増益となった。売上高に相当する営業収益は前年同期比19.0%増の1629億円、営業利益は前年同期の2.7倍の138億円(営業利益率8.5%)。

国内事業の既存店売上高は、3カ月累計で前年同期比12.7%増。「無印良品週間」が寄与したといい、衣服・雑貨カテゴリーに限れば同8.6%増だった。刷新したスキンケア商品も好調だったという。また、郊外の生活圏中心に28店を新規出店(純増数25)したことが増収につながった。ロックダウンからの反動により、国内に次ぐ重要市場である中国も好調。

国内既存店の3カ月間の客数は同3.7%減。減った客数を客単価(同17.0%増)で取り返している。「半年間でどれだけ客の戻りがあるかというデータで見ると、実際の客数はそこまで減っていない。各地に出店していることで、客が分散しているということもある」と堂前宣夫 社長。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。