ファッション

海外セレブの豪華な婚約指輪10選 ビヨンセやジェニファー・ロペス、キム・カーダシアンらも

さまざまなラグジュアリーブランドによるドレスやジュエリーをまとい、レッドカーペットなどのイベントに登場する一流のセレブリティーは、プライベートも華やかなケースが多い。豪邸やクルーザー、高級車にプライベートジェットなど、その豪勢なライフスタイルは常に注目の的だ。中でも、セレブの婚約指輪や結婚式はそのケタ外れの豪華さが話題を集めるが、ここではビヨンセ、キム・カーダシアン、パリス・ヒルトン、ジェニファー・ロペス、マライア・キャリー、ジャクリーン・ケネディ・オナシスらが贈られたものなど、歴代の高額な婚約指輪をまとめて紹介する。

キム・カーダシアン
15カラット:400万ドル(約5億6800万円)

キム・カーダシアン(Kim Kardashian)の3人目の夫、カニエ・ウェスト(Kanye West)ことイェ(Ye)がサンフランシスコのスタジアムAT&Tパークを貸し切ってプロポーズをしたのは、2013年のこと。15カラットのダイヤモンドが輝く推定400万ドル(約5億6800万円)の婚約指輪は、残念ながら16年に滞在したパリのホテルで盗難されている。なお、2人は22年に離婚した。

ヴァネッサ・ブライアント
8カラット:400万ドル(約5億6800万円)

NBAのロサンゼルス・レイカーズ(Los Angeles Lakers)で活躍したスーパースター、故コービー・ブライアント(Kobe Bryant)は、ヴァネッサにプロポーズする際、エメラルドカットが施された8カラットのパープルダイヤモンドを婚約指輪として贈った。推定価格は400万ドル(約5億6800万円)。なお、コービーは20年1月にヘリコプターの墜落事故で亡くなっている。

ジェニファー・ロペス
8.5カラット:400万ドル(約5億6800万円)

華やかな恋愛遍歴で知られるジェニファー・ロペス(Jennifer Lopez)は何回か婚約・結婚しているが、今回の高額リストには、何と3回もランクイン!まずは、04年に歌手のマーク・アンソニー(Marc Anthony)が贈った、8.5カラットのブルーダイヤモンドが輝く婚約指輪から。エメラルドカットが施され、周囲にもホワイトダイヤモンドに飾られたこの指輪のお値段は、推定400万ドル(約5億6800万円)。

パリス・ヒルトン
24カラット:470万ドル(約6億6700万円)

現在の夫である起業家のカーター・リーム(Carter Reum)と結婚する前、パリス・ヒルトン(Paris Hilton)はギリシャの大富豪の御曹司、パリス・ラティス(Paris Latsis)と交際していた。海運業で財を成したラティス家の後継者がパリスに贈ったのは、24カラットのダイヤモンドがまばゆい婚約指輪。価格は推定470万ドル(約6億6700万円)。2人は04年12月に交際を始め、数カ月後に婚約したものの、05年11月に破局を迎えた。

ジェニファー・ロペス
8.5カラット:500万~700万ドル(約7億1000万~9億9400万円)

このリストに2回目の登場となる、ジェニファー。今回は、22年に俳優のベン・アフレック(Ben Affleck)が贈った婚約指輪で、8.5カラットのグリーンダイヤモンドがあしらわれている。推定価格は500万~700万ドル(約7億1000万〜9億9400万円)。ちなみに、アフレックは02年にもジェニファーにプロポーズしており、その際の婚約指輪は120万ドル(約1億7000万円)ほどと思われる、6.1カラットのピンクダイヤモンドが飾られたものだった。

ジェニファー・ロペス
15~20カラット:500万ドル(約7億1000万円)

ジェニファーが贈られた婚約指輪の中で最も高価なのは、おそらく19年に婚約した元プロ野球選手のアレックス・ロドリゲス(Alex Rodriguez)による500万ドル(約7億1000万円)のものだろう。エメラルドカットのダイヤモンドは、15~20カラットの大きさだと推定されている。

ビヨンセ
24カラット:500万ドル(約7億1000万円)

ジェイ・Z(Jay-Z)は、24カラットのダイヤモンドが輝く婚約指輪を手に、ビヨンセ(Beyonce)にプロポーズ。エメラルドカットのダイヤモンドを、2本のインフィニティバンドが支える豪華なデザインだ。価格は、およそ500万ドル(約7億1000万円)。

マライア・キャリー
35カラット:1000万ドル(約14億2000万円)

マライア・キャリー(Mariah Carey)に、35カラットのダイヤモンドがきらめく婚約指輪を贈ったのは、オーストラリアの実業家ジェームズ・パッカー(James Packer)。価格は何と、1000万ドル(約14億2000万円)!2人は16年1月に婚約したものの、10月には破局。その後、マライアはこの指輪を210万ドル(約2億9800万円)で売却したという。

ジャクリーン・ケネディ・オナシス
40カラット:2000万ドル(約28億4000万円、現在の価値)

第35代アメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディ(John F. Kennedy)の妻として、1961年から63年までファーストレディーを務めた、ジャクリーン・ケネディ・オナシス(Jacqueline Kennedy Onassis)。ケネディ元大統領は、2.8カラットのダイヤモンドとエメラルドが飾られた「ヴァン クリーフ&アーペル(VAN CLEEF & ARPELS)」の婚約指輪をジャクリーンに贈っている。同元大統領の死後、ジャクリーンはギリシャの大富豪、アリストテレス・オナシス(Aristotle Onassis)と再婚。オナシスがジャクリーンに贈った婚約指は、40カラットのダイヤモンドが輝く「ハリー・ウィンストン(HARRY WINSTON)」のもの。96年にオークションにかけられた際には260万ドル(約3億6900万円)の値を付けたが、現在ではおよそ2000万ドル(約28億4000万円)の価値があると見られている。

グレース・ケリー
10カラット:4430万ドル(約62億9000万円、現在の価値)

モナコ公国大公レーニエ3世(Prince Rainier III)と56年に結婚した、グレース・ケリー(Grace Kelly)。「カルティエ(CARTIER)」がデザインした婚約指輪には、10カラットのダイヤモンドが飾られている。ほかの高額な婚約指輪と比べると控えめなサイズに思えるが、インフレや物価変動などを加味すると、その価値は現在でおよそ4430万ドル(約62億9000万円)に上るという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。