ビューティ
連載 ファッション業界人も知るべき今週のビューティ展望 第136回

ヘアサロンで顧客に“広告”を見せるってあり?なし?

有料会員限定記事

【連載】ファッション業界人も知るべき今週のビューティ展望

ビューティ賢者が
最新の業界ニュースを斬る

ビューティ・インサイトは、「WWDJAPAN.com」のニュースを起点に識者が業界の展望を語る。
今週は、ヘアサロンにおける広告の話。

槇野光昭/オニカム代表 プロフィール

(まきの・みつあき)1973年、東京都生まれ。大学卒業後、パソコン周辺機器メーカーで営業に従事。退職後の97年「価格.com」の前身となるサイトを開設。2001年、28歳という若さで会社を売却。その後、14年にヘアサロン「アルバム(ALBUM)」を開業。都心を中心に「アルバム」「アイティー バイ アルバム(IT by ALBUM)」「DXシェアサロン」などを展開する

【賢者が選んだ注目ニュース】

ここ最近は香水について触れることが多かったので、今回は本業であるヘア系の記事2本をピックアップした。1本目の記事は、オーガニック&ナチュラルブランド「ザ・プロダクト(PRODUCT)」が12月1日、幅広い世代に人気のアニメーション「ドラえもん」をあしらった限定パッケージ商品を数量限定で発売する、というもの。同商品は2011年の発売以降、髪にも肌にも使えるマルチバームの人気の火付け役としてヘアスタイリング市場やオーガニックコスメ市場をけん引してきた。しかも「ザ・プロダクト」のヘアワックスは、「WWDBEAUTY」で実施した今年上半期のベストコスメでもランクインしている。

次々と新たなマルチバームが登場する中、発売から12年経っても新たなコラボレーションを行ったり、ベストコスメを受賞したりするのはすごいこと。そしてこの状況は、私の持論である“スタイリング剤は1度バズると10年は売れ続ける説”を裏付けている。

消費者行動として、男女問わず10~20代の一番異性にモテたい時期に使っていたスタイリング剤は、30~40代まで使いがち。洋服はさずかに年齢やトレンドに合わせて変えていくけれど、スタイリング剤はアップデートが遅れる傾向がある。小まめにアップデートできていたら、それは相当おしゃれな人で、なかなかそうはいかないと思う。だから今「『ザ・プロダクト』を使っている」という人に会ったら、心の中で「この人はおそらく30代だろうな」と妄想している。

この続きを読むには…
残り1324⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。