ファッション

ニコラ・ジェスキエールが語る、“伝統から生まれる未来” 「ルイ・ヴィトン」ウィメンズを率いて10年目

有料会員限定記事

PROFILE: ニコラ・ジェスキエール「ルイ・ヴィトン」ウィメンズ・アーティスティック・ディレクター

ニコラ・ジェスキエール「ルイ・ヴィトン」ウィメンズ・アーティスティック・ディレクター
PROFILE: 1971年、フランス生まれ。ファッションの専門的な教育は受けていないが、15歳の夏に「アニエスべー」でインターンとして働き、91年には「ジャンポール・ゴルチエ」のアシスタント・デザイナーに。その後、複数のブランドでキャリアを積み、95年から「バレンシアガ」のライセンス部門でデザインを手掛けていたところ、97年にクリエイティブ・ディレクターに抜擢。構築的かつ未来的でありつつ、創業者クリストバル・バレンシアガの美学やモダンなシックさを受け継いだコレクションは高く評価され、瞬く間に人気デザイナーとなった。2013年、マーク・ジェイコブスの後任として現職に就任 COURTESY PHOTO ©︎FAIRCHILD PUBLISHING, LLC

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は11月、ニコラ・ジェスキエール(Nicolas Ghesquiere)=ウィメンズ・アーティスティック・ディレクターとの契約を5年更新した。2013年にマーク・ジェイコブス(Marc Jacobs)の後任として現職に就任し、今年で10年目を迎えたジェスキエールは、クリエイティブ・ディレクターが数年で退任することも珍しくない昨今では長命の部類だろう。ホテル・リッツ・パリのスイートルームでくつろぐジェスキエールに、一つのブランドに長く在籍することの意義や、就任の際に親会社であるLVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON以下、LVMH)のベルナール・アルノー(Bernard Arnault)会長兼最高経営責任者(CEO)から求められたこと、自身のスタイルなどについて聞いた。(この記事は「WWDJAPAN」2023年12月4日号からの抜粋です)

今回の契約更新について、ジェスキエールは、「とてもうれしく思うし、こうして信頼してもらえて大変光栄だ。10年間で培ってきたものを、新たな章でさらに発展させていけることに深い満足感を覚える」と語った。

ピエトロ・ベッカーリ(Pietro Beccari)=ルイ・ヴィトン会長兼CEOは、「クリエイティブの方向性を示して指揮を取ることにおいて、ニコラは最も才能がある人物の一人。未来を予想することに長けており、トレンドを理解しつつ、新たなトレンドを生み出すことができる。これはマーケットリーダーに欠かせない資質だ。同時に、ニコラは『ルイ・ヴィトン』のアイコンや歴史に関する幅広い知識があり、メゾンを深く理解している」と高く評価。また、デビューショーで披露したアイコンバッグの“プティット・マル”から、初期に登場したバッグで今年8月に新作を発表した“GO-14”まで、レザーグッズのヒット商品を生み出す能力の高さについても称賛した。

現職に就任した際、ジェスキエールはアルノーLVMH会長兼CEOから、メゾンの“現代的なレガシー”となる新たなバッグを作り出すことを要請されたと話す。そこで「ルイ・ヴィトン」のトランクをミニチュアにしたかのような“プティット・マル(Petite Malle)”のスケッチを見せ、サヴォアフェール(受け継がれる職人技術)の継承と発展を表現したことを説明すると、「これは未来の『ルイ・ヴィトン』にとってアイコニックな商品となるものだ」と即座に気に入り、さまざまな色合いで展開して壁一面に飾ることを提案したという。「商品のデザインだけでなく、コレクションのショーからキャンペーンに至るまで、ベルナールは常にオープンな姿勢で私の意見に耳を傾け、建設的な意見を返してくれる。私とは異なる視点からの先進的なビジョンやアイデアに驚かされることも多く、とても刺激的なんだ」。ちなみに、“GO-14”は全体にあしらわれた菱形の格子模様が特徴的だが、これは初期のトランクの内側に荷物を守るために施されたキルティング技術の“マルタージュ”を着想源としている。

なお、LVMHはブランド別での売上高を開示していないが、ジェスキエールがクリエイティブを手掛けるようになって以来、「ルイ・ヴィトン」の売り上げはおよそ3倍に成長したと見られている。

この続きを読むには…
残り1880⽂字, 画像4枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。