ファッション

「ルイ・ヴィトン」、ニコラ・ジェスキエールと5年の契約更新

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は、ニコラ・ジェスキエール(Nicolas Ghesquiere)=ウィメンズ・アーティスティック・ディレクターとの契約を5年更新した。同氏は2013年にマーク・ジェイコブス(Marc Jacobs)の後任として現職に就任し、今年で10年目。

ジェスキエール=ウィメンズ・アーティスティック・ディレクターは、米「WWD」とのインタビューで、「(契約更新を)とてもうれしく思うし、こうして信頼してもらえて大変光栄だ。この10年間で培ってきたものを、新たな章でさらに発展させていけることに深い満足感を覚える」と語った。

ピエトロ・ベッカーリ(Pietro Beccari)=ルイ・ヴィトン会長兼最高経営責任者は、「クリエイティブの方向性を示して指揮を取ることにおいて、ニコラは最も才能がある人物の一人。未来を予想することに長けており、トレンドを読みつつ、新たなトレンドを作り出すことができる。これはマーケットリーダーに欠かせない資質だ。同時に、ニコラは『ルイ・ヴィトン』のアイコンや歴史に関する幅広い知識があり、メゾンを深く理解している」と評価。また、デビューショーで披露したアイコンバッグの“プティット・マル(Petite Malle)”から、就任当時に手掛けたバッグで今年8月に新作を発表した“GO-14”まで、レザーグッズのヒット商品を生み出す能力の高さについても称賛した。

同ブランドを擁するLVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)は、ブランド別での売上高を開示していないが、ジェスキエール=ウィメンズ・アーティスティック・ディレクターが就任して以来、「ルイ・ヴィトン」の売り上げはおよそ3倍に成長したと見られている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。