ファッション

「ルイ・ヴィトン」がバッグ“GO-14”の新作 ジェスキエールの思い入れあるデザイン

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は8月25日、バッグ“GO-14”の新作を発売する。3サイズ展開で、価格は58万3000〜106万7000円。

“GO-14”は、ニコラ・ジェスキエール(Nicolas Ghesquiere)ウィメンズ・アーティスティック・ディレクターが「ルイ・ヴィトン」で最初に手掛けたデザインの一つで、バッグとしても初期のものにあたる。“GO-14”の名称は、彼のデビューショーで、ランウエイにバッグが初めて登場した年月を示す“Ghesquiere October 2014”に由来する。

新作の“GO-14”はパッド入りのラムレザー仕立てで、“マルタージュ”(ひし形の格子柄)が特徴だ。ネックレスのようなチェーンはゴールドカラーで、肩掛けやクロスボディー使いが可能。さらにチェーンを二重にして、腕に掛けたり手持ちしたりできる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。