ビジネス

【フェムテック再考 vol.2】「なぜ」の追求が成功のカギ 言葉にならない生活者のモヤモヤにヒント

有料会員限定記事

フェムテックをブームで終わらせずに、ビジネスとして成長・定着させるために必要なものは何かを考える本連載。日本国内にフェムテック市場を作り、定着させるために必要な企業のサポートや啓もう活動、プロダクトの輸出入をはじめ、フェムテックにまつわるさまざまな取り組みを行うフェルマータの近藤佳奈・最高執行責任者(COO)が、今後の市場の流れを掴むヒントを解説します。第2回は、女性の体の悩みにまつわる商品開発の可能性について考えます。

近藤佳奈(こんどう・かな)/フェルマータCOO

PROFILE:(こんどう・かな)神戸大学卒業。ピクシブで新規事業立ち上げ、企画営業、サービスディレクションを担当。2015年ディー・エヌ・エーに入社。動画配信サービス「SHOWROOM」チームに所属し、ディー・エヌ・エーグループからのスピンオフを経て約4年半在籍し、マネージャーとしてビジネスとプロダクト開発を担当。19年12月フェルマータに参画し、事業戦略、マーケティング、営業などを統括する

中長期的な見通しが肝心

 初回ではフェムテックが日本で認知をされるようになったきっかけとして、吸水ショーツを取り上げました。吸水ショーツはアパレルメーカーにとっては、既存の生産ラインや技術を活用できることもあり、新規ビジネスとしても参入しやすい人気アイテムです。この時に大事にしたいのは、「そもそもなぜ吸水ショーツを作るのか」という原点です。特に今は吸水ショーツで始めた事業の継続を迷っている企業も多いのでは。数字だけを見て撤退を決めた企業もあるでしょう。

 「なぜ」を追求するという観点では、スタイリングライフ・ホールディングス プラザスタイルカンパニーの社内プロジェクト「Nice to meet me!」は、素敵だなと思って拝見しています。同プロジェクトでは月経にまつわる声をもとに、第一弾としてプラザオリジナルパッケージのナプキン「The Week Sanitary Pad」を、第二弾としてオリジナルサニタリーショーツ「SaniBuddy」を開発し、全国のプラザ・ミニプラなどで発売しました。

 開発チームの中ではナプキンの次は吸水ショーツという案もあったそう。しかし、プラザの顧客層は中高生が多いといいます。これはフェルマータの意見ですが、確かに中高生の月経事情は、金銭的な面も含めて、保護者の選択に依存するところが大きいと思います。大人のリテラシーが十分に上がっていない状態で中高生に最新の選択肢を提供したところで、手に取ってもらえない可能性が高い。結果的にプロジェクトでは、吸水ショーツではなく、ナプキンとともに使えるサニタリーショーツを販売することにしたそうです。

この続きを読むには…
残り1280⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。