ファッション

ユニクロが開始したリペア&リメイクサービスの実力は? 刺し子リメイクを体験してみた

有料会員限定記事

循環型ビジネスを目指し、リペアやリメイク、リセールサービスを導入する企業やブランドが激増している。元々修理ニーズの高かったアウトドアブランドだけでなく、カジュアルSPAやラグジュアリーブランドも専業企業を買収するなどして乗り出している。「ユニクロ(UNIQLO)」は自前で、リペアやリメイクを手掛ける「リ・ユニクロ スタジオ(RE.UNIQLO STUDIO)」を立ち上げ、国内3店に導入。運営の仕組みや客の反応、使い勝手を取材した。(この記事は「WWDJAPAN」6月5日号からの抜粋に加筆、画像追加しています)

英国やドイツで先行していた「リ・ユニクロ スタジオ」は、国内では2022年10月に世田谷千歳台店に初導入。検証を重ね、今春開業した前橋南インター店や天神店にもスペースを設けた。3店とも、「ユニクロ」商品のリペアとリメイクを提供する。世田谷の店舗を訪ねると、正面入り口すぐ横にスタジオの受付カウンターがある。スタジオの面積は約29㎡と結構広い。同店には100人以上の販売員がいるが、スタジオを担当するのはその中の6人。元々裾上げを担当していたスタッフ中心で、スタジオ導入にあたり外部講師によるトレーニングを受けている。

リペアは40〜50代男性からの依頼多数

この続きを読むには…
残り2672⽂字, 画像23枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。