ファッション

「ビームス」から“服とランジェリーのあいだ”がテーマのランジェリーラインが登場

株式会社ビームスは、リメイクと手作業をコンセプトに掲げるレーベル「ビームス クチュール(BEAMS COUTURE)」から、“服とランジェリーのあいだ”をテーマにした新ライン「ビームス クチュール ランジェリー(BEAMS COUTURE LINGERIE)」が5月20日にデビューする。ビームス公式オンラインショップで6月中旬の入荷次第順次発売予定。

本ラインは、長年ニットの商品企画を担当していた水上路美デザイナーならではの視点でニット素材に着目。ランジェリーとしても、重ね着のファッションとしても楽しめるランジェリーを13型販売する。ニット素材という特性を活かし、体にフィットしてストレスなく着用できるよう着心地にもこだわった。ビームスのデッドストックや古着をリメイクしたランジェリーも用意。ガーターベルト付きやハーネスサスペンダー付きのTシャツやパンツ、ビンテージレースのコルセットなどの、ランジェリーをファッション感覚で取り入れられるアイテムもそろえた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。