ファッション

「フェンディ」が5月中旬、“フェンディ バイ マーク ジェイコブス”を発売

 「フェンディ(FENDI)」は5月中旬、カプセルコレクション“フェンディ バイ マーク ジェイコブス(FENDI BY MARC JACOBS)”を発売する。「フェンディ」の直営店と公式オンラインストアで扱う。

 同コレクションは昨年9月、「フェンディ」のアイコンバッグ“バゲット”の25周年を祝してニューヨークで発表されたもので、ミニから特大まで豊富なサイズの“バゲット”をそろえる。

 また、ブロークンデニムジャケットやカサカサと音を立てるセロファン製のケープ、蛍光色のリサイクルファーを用いたストールやハットなどは、「きらびやかでありながら硬質なニューヨークの街並みを反映したもので、ガラス張りの建物や作業員の安全ベストに着想した」という。

 キム・ジョーンズ(Kim Jones)「フェンディ」ウィメンズウエア部門アーティスティック・ディレクターは、「マーク(・ジェイコブス『マーク ジェイコブス』クリエイティブ・ディレクター兼創業者)は長年の友人であり、アメリカにおけるファッションキングだ。彼は特に、ロゴに関してブランディングと実験の達人。今回マークは『フェンディ』のコレクションを手掛けたが、これはコラボレーションというより、むしろ1つの解釈と言える。そこには、彼自身が好きなようにアクションできたという自由と喜びが感じられる」と述べる。

MOVIE:MARIO SORRENTI

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。