ファッション

スイス発「ショパール」から禅の美学を表現した日本限定ウオッチが登場 アンバサダーにラグビー選手の稲垣啓太

 スイス発ジュエラー「ショパール(CHOPARD)」は4月18日、東京の国立競技場でウオッチ“アルパイン イーグル”の日本限定モデル“SHIKKOKU”の発表イベントを行った。限定100本の同モデルは、日本の禅の美学を反映したモノクロームの文字盤が特徴。同モデルの誕生を記念し、ラグビー選手の稲垣啓太がアンバサダーに就任した。

 イベントでは、同イベントのためにスイスからカール・フリードリッヒ・ショイフレ(Karl Friedrich Scheufele)ショパール共同社長が来日し、“アルパイン イーグル”誕生のストーリーやその魅力について語った。ショイフレ共同社長は、「“アルパイン イーグル”は私の父、そして息子3代が開発に携わった。サテンとポリッシュ仕上げを組み合わせた“ルーセント スティール”には父と息子の意見が融合されている」と言う。“アルパイン イーグル”の人気が最も高い市場が日本で、限定モデルが登場した。アンバサダーの稲垣が登場すると同CEOは、「大胆かつ力強い“SHIKKOKU”は、彼以上に似合う人はいないだろう」と話した。稲垣は、「アンバサダーに就任して、とても光栄だ。黒は一番好きな色。さらに深い黒にこだわった職人魂に感銘を受けた。ずっとつけていたい」とコメント。キャンペーンビジュアルの撮影やラグビーなどについて語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。