ファッション

車イステニスの国枝慎吾選手が現役引退会見 「今後も最大限応援したい」とユニクロ柳井会長

 ユニクロは2月7日、同社のグローバルブランドアンバサダーを務める車イステニスのプロプレーヤー、国枝慎吾選手の現役引退会見を有明本部で行なった。「一番の思い出は東京パラリンピックでの金メダル。(選手人生で)相手との戦い、自分との戦いだけでなく、車イステニスをスポーツとして世の中に知ってもらいたいという思いが強くあったが、東京パラリンピック後はスポーツとして認知されたという手応えがあった」と国枝選手はコメントした。

会見には、ユニクロの親会社であるファーストリテイリングの柳井正会長兼社長も登壇。「(国枝選手は)勝つことに徹底的にこだわり、がむしゃらで明るい。人間として尊敬できる人。(現役引退した)これからが人生の本番であり、今後も最大限応援したい。日本は残念ながら今閉塞状態にあるが、その中で若い人たちが将来に希望を持って進んでいくためのロールモデルとして頑張ってほしい。世界中の困っている人、中でも子どもたちや若い人の力になれるようなことを、これから事業として国枝さんと一緒にできたらと思っている」と発言。自社の社員に国枝選手から何を学んでほしいかと聞かれると「挑戦する姿勢。国枝選手は車イステニスという一つのスポーツのジャンルを確立した。それは新しい産業を作るということにも通じる」と答えた。

 国枝選手は1984年2月21日生まれの39歳。2007年に史上初となる車イステニスの年間グランドスラムを達成し、以来計5回の年間グランドスラムを達成。現行グランドスラムは計50勝で、車イステニスで最多。パラリンピック・シングルスでは金メダルを北京(08年)、ロンドン(12年)、東京(21年)の3回獲得している。ユニクロとは初のグローバルブランドアンバサダーとして09年に所属契約を締結し、競技用やトレーニング用ウエアを提供するなどサポートを受けてきた。ユニクロは14年から、国際テニス連盟が世界40カ国以上で開催する「ユニクロ車いすテニスツアー」のタイトルスポンサーも務めている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。