ファッション

ユニクロの“スポーツ感覚ゴミ拾い”に参加してみた 夏休みの絵日記や自由研究におすすめ!

 ユニクロは7月21日、ユニクロ浅草店でごみ拾いをスポーツ感覚で楽しむイベント「スポGOMI×UNIQLO」を開催した。近隣の小中学校の夏休み初日と重なったことや、「ユニクロ(UNIQLO)」のグローバルブランドアンバサダーを務める車いすテニスの国枝慎吾選手がゲストだったこともあり、31チーム75人が参加。チームごとに競い合う形で、合計32キロ超のゴミを回収した。

 ユニクロは地域コミュニティーへの貢献や環境問題への意識づけとして、昨年から同イベントを実施。今夏は6月から全国11カ所で順次行っている。21日は「ユニクロ浅草店」前の広場に、朝8時に参加者が集合。再生ポリエステルを使用したイベントのロゴ入りTシャツやゴミ袋、トング、軍手などが配られ、ルール説明や国枝選手の開会挨拶の後に、8時半から9時まで店舗周辺の浅草地域を清掃した。

 参加者で目立ったのは、小中学生の子どもを連れた家族の姿。なかには4歳児をおぶったお母さんも。「子どもが今日から夏休みなので、宿題の絵日記のネタになればと参加した」「子どもたちが授業でも環境問題やSDGsについて習っているので、今回のゴミ拾いがいい体験になれば」と親たちが話せば、子どもは「授業で発表するときにゴミ拾いのことを話したい」と呼応。中学2年生の男子3人組は横浜から参加した。「学校の授業のボランティアの一環として、何かできることがないかなと探していたときに、ユニクロでゴミ拾いイベントがあるよと聞いて参加した」という。

 もちろん、大人だけでの参加者も。同じランニングチームに所属しているという男女3人組は、「最近、海外ではゴミ拾いをしながらランニングをする“プロギング”が広がっている。それで興味がわいた」というのが参加動機。制限時間ギリギリまでゴミを集め、最後は走りながら集合場所に戻ってきたのがきいたのか、同チームは集めたゴミの量で見事2位に入賞していた。20代女性2人組は、「大学で環境関連の講義を取っているので活動に興味がわいた」。そのほか、「浅草という街が大好きでよく来ているので、浅草をきれいにする活動に参加したかった」という女性や、「自分の会社がどんなことをしているのか知りたくて」と話すユニクロの他店に勤める社員も参加していた。皆さんとても熱心!

 ユニクロは今後、ユニクロ パーク横浜ベイサイド店(7月24日)、大阪のイオンモール堺鉄砲町店(8月6日)、広島の紙屋町サンモール店(同13日)、香川のゆめタウン高松店(同20日)、福岡のキャナルシティ博多店(同27日)でも同イベントを開催予定で、現在横浜を除いて参加者を募集している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。