ファッション
連載 ファッション業界人も知るべき今週のビューティ展望 第103回

1日だけのタトゥー「プリンカー」の技術のすごみ

有料会員限定記事

 ビューティ・インサイトは、「WWDJAPAN.com」のニュースを起点に識者が業界の展望を語る。今週は、タトゥープリンターのファッション&ビューティにおける可能性の話。(この記事はWWDジャパン2023年2月6日号からの抜粋です)

【賢者が選んだ注目ニュース】
ロレアルが韓国の“落とせるタトゥー”メーカーに資本参加
ロレアルが「CES2023」で2つの最新ビューティテックデバイスを発表

 タトゥーをもっと気軽に楽しみたいという若い世代を中心にじわじわ広がっているのが「プリントタトゥー」だ。サムスン電子からスピンオフした企業、プリンカーコリアによる小型スキンプリンター「プリンカー」は、化粧品原料から作ったウオータープルーフインクを使い、肌に好みのモチーフをプリントできる。専用ハードウェアは手に収まるコンパクトサイズだが、4600個のノズルが搭載されており微細なデザインを再現可能だ。激しい摩擦がない限り1日持ち、石けんやボディーソープで簡単に落とせる。

 「プリンカー」は2019年から市場の大きい米国、欧州、中国を中心にオンラインで販売されている。地域にもよるが、ハード端末が3万〜5万円、カラーインクが3万円前後だが、インクに関しては1回あたり数十円程度の計算となり、メイクやアクセサリーと同じ感覚で若い世代に人気だ。子どもも遊び感覚でプリントするなど、ファミリーユースでも裾野が広がっている。

この続きを読むには…
残り1265⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。