ファッション

【スナップ】ファッション感覚のタトゥーが人気 フェス会場でキャッチ

 この夏は音楽フェスが本格的に復活し、街でトレンドの肌見せコーデをフェス会場でも多く見かけた。肌の露出が増えると共に、若い世代を中心にタトゥーをファッションとして見せるスタイルも目立った。期間限定でタトゥーが楽しめるアイテムとして、タトゥーシールやジャグアタトゥーなども人気だ。タトゥーシールはインクと糊を水分で浮かせて転写させるシールで「シーイン(SHEIN)」などの通販サイトで手に入れることができる。ジャグアタトゥーは植物性のインクで肌を染めるボディアートで、ジャグアインクを購入して自らペイントしている人もいた。

 タトゥーのデザインは、メンズでは細い針で写実的に描くブラックアンドグレーや、アウトラインを力強く描くアメリカン・トラディショナルなどが人気だった。若い女性は、イラスト風のポップなデザインをワンポイントで取り入れた。モチーフは蝶や蜂、猫などの生き物のほか太陽や月、アート風のものなどさまざまだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。