ファッション

「アンダーカバー」と「リーバイス」がコラボ ビンテージのデニムを再構築した6型を発売

 「アンダーカバー(UNDERCOVER)」と「リーバイス(LEVI’S)」は、コラボコレクションを11月11日に発売する。ラインアップするのは、アメリカ製の「リーバイス」のデニムと日本製の「アンダーカバー」のパーツを組み合わせたジャケットやコート、パンツの6型。同コレクションは「アンダーカバー」の一部店舗と公式オンラインストア、「リーバイス」の原宿フラッグシップストアで取り扱う。

 全てのアイテムは、インディゴウォッシュとブラックウォッシュの2色でそろえる。ダウンジャケット(11万円税込、以下同)とモッズコート(15万1800円)は、ビンテージの「リーバイス」の“トラッカー”ジャケットを再構築したもの。どちらも「アンダーカバー」のブランドスローガン「We Make Noise Not Clothes」を刺しゅうしている。スエットパンツ(6万6000円)は、リーバイスのビンテージジーンズとスエットを組み合わせたハイブリッドなデザインだ。

 なお、キャンペーンビジュアルはロンドンのスタジオで撮影され、モデルにレディオヘッド(RADIOHEAD)のフロントマンとして知られるトム・ヨーク(Thomas York)の長男、ノア・ヨーク(Noah York)と長女、アグネス・ヨーク(Agnes York)を起用している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。