ファッション

「ファセッタズム」落合デザイナーが手掛けるファミリーマートのオリジナルアパレルから冬の新作

 ファミリーマートのオリジナルアパレルブランド「コンビニエンスウェア(CONVENIENCE WEAR)」は10月11日、冬に向けた新商品を発売する。

 肌の湿度を吸って発熱・保温する機能性インナー“リヒート(REHEAT)”(1089円税込、以下同)は、新たにメンズ用タイツをラインアップ。また、「コンビニエンスウェア」として初めて手袋を販売する。ポリエステル×フリースのコンビと、ウール混素材で内側を起毛させたモデルを用意する。価格はいずれも1815円で、親指と人差し指部分はスマートフォンの使用に対応する。さらに、累計で700万足以上を販売した“ファミマソックス”からはハロウィンをイメージした新色(429円)を、今治タオルシリーズからはバスタオル(2189円)を発売する。なお、靴下と今治タオルシリーズの販売は18日から。

 「コンビニエンスウェア」は2021年にデビュー。落合宏理「ファセッタズム(FACETASM)」デザイナーが共同開発する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。